男の離婚準備

【離婚準備で有利になる!】離婚と義家族との関係

婚姻関係を結んだ男女が、さまざまな事情から離婚準備に入った場合、
子どもの親権問題とともに浮上するのが、義家族との今後の関係かもしれません。

 

通常であれば、婚姻関係が破綻して離婚となってしてしまえば、
その時点で義家族との関係は男女双方ともになくなってしまうのですが、
稀に男性が婿養子になっている、また女性が義家族と養子縁組をしているなど、複雑な事情になっている場合があります。

 

ただ、婿になったとか、嫁になったとかであれば、そんなことは全く関係ないのですが、
法律で定められた手続きをして義理の家族との養子縁組をしている場合には、たとえ離婚準備が進んで婚姻関係が向こうとなっても、
義理の家族としての関係はそのまま続いてしまいます。

 

つまり、離婚準備から離婚に至っても、養子縁組を解除しないかぎりは、
養子縁組をした義理の家族同士、お互いに扶養の義務などが生じたままだということです。

 

また、逆にいえば扶養の義務がある代わりに、財産分与などの請求権もあるということです。
ですから、そのような複雑な諸問題は、離婚準備が進む中で双方が納得できる形で解決を進めて置かなければなりません。

 

このように婚姻や養子縁組など、無関係だった者同士が関係を結ぶことは非常に簡単に出来ることなのですが、
それを無効にするなどのことは意外に難しいものなので、間違ってもあとでお互いに後悔しないように、
専門家に相談するなどしたほうが良い場合もあります。